東洋企画

お問い合せ

Tel. 03-6280-7414

受付時間 月-金 9:00-18:00

ワーク・ライフバランスの実現に向けた取り組み

img_01

カウンセリング・ベビーシッタ・外国語会話教室を中心として、様々な分野で通信を活用したサービスを行っています

当社では、各種電話相談サービスを主体に、育児サポート、通信代行業務に取り組んでいます。

WorkLifeBalance

ワークライフバランスについて

 仕事は、暮らしを支え、生きがいや喜びをもたらすものですが、同時に、家事・育児、近隣との付き合いなどの生活も暮らしに欠かすことができないものであり、その充実があってこそ、人生の生きがい、喜びは倍増します。

 しかしながら、現実の社会には、安定した仕事に就けず、経済的に自立することができない、仕事に追われ、心身の疲労から健康を害しかねない、仕事と子育てや老親の介護との両立に悩むなど、仕事と生活の間で問題を抱える人が多く見られます。

 これらが、働く人々の将来への不安や豊かさが実感できない大きな要因となっており、社会の活力の低下や少子化・人口減少という現象にまで繋がっていると言えます。それを解決する取組が、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現です。

仕事と生活の調和の実現は、皆様一人ひとりが望む生き方ができる社会の実現にとって必要不可欠です。東洋企画ではその実現を目指します。

労働環境と生活の問題

 仕事・労働は、賃金を得るための生活の糧であり、個々の暮らしを支える重要なものである。また、そこにやりがいや生きがいを見出し、充実した生活を送るための糧でもある。

 しかし近年は仕事のために他の私生活の多くを犠牲にしてしまう仕事中毒(ワーカホリック)状態となり、うつ病に代表される精神疾患を患ったり、過労死や自殺、家庭崩壊などの悲劇を生む事例が後を絶たなくなった。

 このような悲劇の急増は、労働者にとって日々の私生活や将来への大いなる不安を抱かせることになり、返って社会の活力を低下させてしまうことになる。さらには多忙で安定した生活ができないことにより出生率低下・少子化に繋がり、人口を減らす原因となってしまう。

子育ての問題

 日本では依然、女性の約7割が第1子出産後の半年間で離職するなど、ワーク・ライフ・バランスのための環境づくりは遅れている。

 育児休業明けにキャリア・ダウンしない仕組み、いったん離職した後に復職する仕組み、配偶者の転勤や子育てに配慮した柔軟な勤務制度、出産・育児を支援する多様な施設の整備など数多くの課題が指摘されている。

経営理念

1
1、就労による経済的自立の応援

 経済的自立を必要とする者がいきいきと働くことでき、かつ、経済的に自立可能な働き方ができ、結婚や子育てに関する希望の実現などに向けて、暮らしの経済的基盤が確保できる。

2、健康で豊かな生活の応援

 働く人々の健康が保持され、家族・友人などとの充実した時間、自己啓発や地域活動への参加のための時間などを持てる豊かな生活ができる。

3、多様な働き方・生き方選択の応援

 性や年齢などにかかわらず、誰もが意欲と能力を持って様々な働き方や生き方に挑戦できる機会が提供されており、子育てや親の介護が必要な時期など個人の置かれた状況に応じて多様で柔軟な働き方が選択でき、しかも公正な処遇が確保されている。

事業内容紹介

カウンセリング

カウンセリング・相談業務での新しい取組

当社はカウンセリング・相談など人と人のつながりを新しい形で提案します。

1

ベビーシッタ

新宿区・文京区を限定とした地域密着型サービスです。

育児に忙しくサービスをご利用したい方、また、育児経験を生かして仕事をしたい方、是非お問い合わせをお待ちしております。

2